スイング解剖No.1 アドレス前傾

初めまして

ゴルフコーチ兼ゴルフトレーナーの新原です

早速ですが

アドレスの前傾についてお話しします

 

なぜ前傾を正しく作らないといけないと思いますか?

それはスムーズに回転動作を行うためです

 

こちらは腰が丸くなり

骨盤が後傾しています

 

こちらは一見よい姿勢に見えますが

腰が反るくらい骨盤が過前傾しています

 

正しくはこちら

後傾と過前傾の間です

 

前傾とは

股関節から骨盤を少し傾けることをさします

 

なので普段から姿勢が悪いと

正しい前傾が作りにくくなります

骨盤の正しい可動域やポジションを維持するのに

効果的なトレーニングはスクワットです

 

股関節を正しく屈曲させます

股関節周りの筋肉を鍛えます

 

膝の曲げ伸ばしがメインになったり

上体が前に倒れ込まないように気をつけましょう

 

繰返しになりますがポイントは股関節から動くこと

是非やってみてください!

Filed under: スイング解剖 — niihara 10:10 PM  Comments (0)

グリップ

ヨークカルチャーゴルフ教室の皆様

今回は、グリップの握り方について説明します。

【グリップの握り方】

グリップは、インターロッキンググリップ(左手人差し指と右手小指を絡ませる)、ベースボールグリップ(10本の指全部で握る)、オーバーラッピンググリップ(右手小指を左人差し指の上に乗せる)の代表的なグリップがあり、その中ので最もポピュラーな、オーバーラッピンググリップで説明していきます。

<左手のグリップ>

左手は、左手小指の付け根から、人差し指の付け根と第一関節との間にかけてクラブをあてがいます。この握り方をすると、赤色の左手の肉厚の部分(掌底)が、グリップの真上に位置するようになり、しっかりと握れるようになります。(下図)

握った左手を上から見ますと、下図のように人差し指と中指のナックル(骨の出っ張り)が2つ見えます。親指は、シャフトのセンターよりやや右に位置します。左手は、中指、薬指、小指の三本で緩まないようにしっかりと握ります。

<右手のグリップ>

右手は、生命線の曲線に左親指が沿うようにあてがいます。左手に比べてグリップに対して、やや斜めにあてがうように握ります。

人差し指をカギ型にして、ちょうどピストルの引き金を引くような形でグリップにひっかけるようにします。この人差し指の握りが、クラブを縦方向に動かすために必要になりますので正しく握りましょう。親指はシャフトの上に乗せ、小指は左手人差し指の上に載せます。正しい角度であてがえたら、中指、薬指、小指の3本で支えるように握ります。

完成したグリップを上から見ると、左手のナックル2つと右手は中指と薬指の爪が見えます。

 

このように最低限守るべきポイントをおさえたスターティンググリップから、コック動作で正しい縦の動きができるように微調整することが必要です。正しい手の動きができて、フェースの向きが変わらなければ調整しても構いません。手首の柔らかさや筋肉のつき方など個人差がありますから、皆さんが同じグリップをする必要はないのです。左手は上から押さえるように力を加えてフェースが右方向に開かないように右手は下からクラブを支えるように力を加えて、フェース向きが左方向に開かないようにして、クラブフェースの向きを一定に保つようにしています。

Filed under: 横山コーチ — niihara 10:31 PM  Comments (0)

グリップとアドレスについて

【グリップとアドレス】

ヨークカルチャーゴルフ教室の皆様

皆様は、スイングの事ばかりを気にするあまりスイングの準備となるグリップとアドレスを疎かにしていませんか? この2つは、再現性の高い良いスイングをするために大変重要です。そこで、もう一度スイングの基礎でもあるグリップとアドレスについて見直してみましょう。グリップとアドレスは、正しいスイング動作を行うための準備と考えてください。

グリップ = クラブを縦方向に動かすしやすくするための準備

アドレス = 体を方向に動かしやすくするための準備

それでは、グリップとアドレスの解説をいたします。

はじめにグリップです。

<グリップ>

グリップは、クラブとの唯一の接点です。スイング中にグリップが緩んでしまうと、スイングの力が伝わらずクラブフェースの向きも安定しませんので、正しいフェースの向きでボールを打つことができません。そのため、クラブを縦に動かしやすく緩みのないグリップが必要になります。グリップは、ただ握るだけでなく大切な役割があるのです。

<グリップの役割>

クラブフェースのローテーションを抑える。

簡単に言いますと、左手はテーブルを上から抑えるような被せる形で握ることで、フェースを右方向に開きづらくします。右手は下からテーブルを支えるような形で握ることで、フェースを左方向に開きづらくします。この相反する方向に働く力でクラブを握り、その力とアドレスで両肘を絞ってシャフトが左右に動かないようにする力との共同の作業で、スイング中のクラブフェースの向きを正しい向きに保つのです。

クラブヘッドの高さを一定に保つ。

もう一つの役割は、クラブに対して押し支え力を働かせています。

①の手の向きでクラブを握り、左手の平の小指の下のふくらみの部分(掌底)を通して、クラブに上から押さえる力を加え、右手の親指以外の四本の指が左手の抑え力に抵抗するように下から支える力を加えます。このように上と下から抵抗するようにクラブに力を加えることでクラブの高さを一定に保つ役割をしているのです。つまり、クラブを横方向には動かしづらく、縦方向に動かしやすいグリップということになります。また、クラブを横方向に動かすのは、手や腕でなく体がその役割を行うということになるのです。

次回は、クラブの握り方(グリップ)について、詳しく説明したいと思います。

Filed under: 横山コーチ — niihara 11:38 PM  Comments (0)

カルチャーゴルフ教室の皆様

カルチャーゴルフ教室の皆様 はじめまして。

7月からの日曜日、新原プロの後任として担当させていただくこととなりました

横山 実 と申します。

レッスンはすでに始まっておりますが、改めまして皆様に

ご挨拶と自己紹介をさせていただきたいと思います。

 

昭和45年 5月生まれ B型 おうし座 今年47歳

PGA会員 ティーチングプロ

コンバインドプレーン トランスミッター

出身地 神奈川県 藤沢市

趣味は、ドライブ、ラーメン食べ歩き、映画鑑賞、読書

幼少期は父と鎌倉パブリックにもラウンドに来ました。

(当時はモノレールカートで、まだつり橋もありました。)

ゴルフ歴は長く6歳でゴルフと出会い、ジュニアからアマチュアの競技ゴルフ、そしてプロ転向、途中は商社勤め(貿易業務)、コース管理などの仕事もしました。スポーツはゴルフ以外にも野球、サッカー、陸上、水泳など。この様々な経験が、今の私の大きな支えとなっていると思っております。

これからは、皆様との出会いを大切にし、少しでも皆様がゴルフを通じて心豊かなスポーツライフが過ごせるようお手伝いをさせていただけたらと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

Filed under: 横山コーチ — niihara 8:50 AM  Comments (0)

熊本チャリティーコンペ 鎌倉パブリックゴルフ場

熊本チャリティーコンペ

熊本地震から4月14日で丸一年。

被災された皆様ならびにそのご家族の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

ゴルフを通してなにか出来ることはないかと考え微力ながら、チャリティーコンペを開催することにいたしました。

現在、多くの協賛をいただき、皆様に楽しんでいただけるチャリティーコンペとなるよう、鎌倉パブリックゴルフ場スタッフ一同、準備しております。

皆様のご参加お待ちしております。

鎌倉パブリックゴルフ場

Filed under: 鎌倉パブリックゴルフ場 — taira-kamakuraPG 3:02 PM  Comments (0)

4/1(土)開催!ゴルフリ!!鎌倉パブリックゴルフ場

皆様、こんにちは

もうすぐで本格的なゴルフシーズンの4月です

そんな折

4/1(土)に鎌倉パブリックゴルフ場で

『ゴルフリ』が開催されます!

ゴルフリ=ゴルフ専門フリーマーケット

掘り出し物間違いなし!

名器のクラブに出会えるかも!?

当日は駐車場がありませんので

大船駅発クラブバスをご利用ください

ゴルフのフリーマーケットは

なかなか開催されておりませんので

この機会に是非行きましょう!

Filed under: 鎌倉パブリックゴルフ場 — niihara 8:13 PM  Comments (0)

カルチャーゴルフ教室のブログです

カルチャーゴルフ教室のブログです

場所:鎌倉パッブリックゴルフ場 天園練習場

 

Filed under: 未分類 — niihara 2:22 PM  Comments (0)