スイング解剖No.1 アドレス前傾

初めまして

ゴルフコーチ兼ゴルフトレーナーの新原です

早速ですが

アドレスの前傾についてお話しします

 

なぜ前傾を正しく作らないといけないと思いますか?

それはスムーズに回転動作を行うためです

 

こちらは腰が丸くなり

骨盤が後傾しています

 

こちらは一見よい姿勢に見えますが

腰が反るくらい骨盤が過前傾しています

 

正しくはこちら

後傾と過前傾の間です

 

前傾とは

股関節から骨盤を少し傾けることをさします

 

なので普段から姿勢が悪いと

正しい前傾が作りにくくなります

骨盤の正しい可動域やポジションを維持するのに

効果的なトレーニングはスクワットです

 

股関節を正しく屈曲させます

股関節周りの筋肉を鍛えます

 

膝の曲げ伸ばしがメインになったり

上体が前に倒れ込まないように気をつけましょう

 

繰返しになりますがポイントは股関節から動くこと

是非やってみてください!

Filed under: スイング解剖 — niihara 10:10 PM  Comments (0)

グリップ

ヨークカルチャーゴルフ教室の皆様

今回は、グリップの握り方について説明します。

【グリップの握り方】

グリップは、インターロッキンググリップ(左手人差し指と右手小指を絡ませる)、ベースボールグリップ(10本の指全部で握る)、オーバーラッピンググリップ(右手小指を左人差し指の上に乗せる)の代表的なグリップがあり、その中ので最もポピュラーな、オーバーラッピンググリップで説明していきます。

<左手のグリップ>

左手は、左手小指の付け根から、人差し指の付け根と第一関節との間にかけてクラブをあてがいます。この握り方をすると、赤色の左手の肉厚の部分(掌底)が、グリップの真上に位置するようになり、しっかりと握れるようになります。(下図)

握った左手を上から見ますと、下図のように人差し指と中指のナックル(骨の出っ張り)が2つ見えます。親指は、シャフトのセンターよりやや右に位置します。左手は、中指、薬指、小指の三本で緩まないようにしっかりと握ります。

<右手のグリップ>

右手は、生命線の曲線に左親指が沿うようにあてがいます。左手に比べてグリップに対して、やや斜めにあてがうように握ります。

人差し指をカギ型にして、ちょうどピストルの引き金を引くような形でグリップにひっかけるようにします。この人差し指の握りが、クラブを縦方向に動かすために必要になりますので正しく握りましょう。親指はシャフトの上に乗せ、小指は左手人差し指の上に載せます。正しい角度であてがえたら、中指、薬指、小指の3本で支えるように握ります。

完成したグリップを上から見ると、左手のナックル2つと右手は中指と薬指の爪が見えます。

 

このように最低限守るべきポイントをおさえたスターティンググリップから、コック動作で正しい縦の動きができるように微調整することが必要です。正しい手の動きができて、フェースの向きが変わらなければ調整しても構いません。手首の柔らかさや筋肉のつき方など個人差がありますから、皆さんが同じグリップをする必要はないのです。左手は上から押さえるように力を加えてフェースが右方向に開かないように右手は下からクラブを支えるように力を加えて、フェース向きが左方向に開かないようにして、クラブフェースの向きを一定に保つようにしています。

Filed under: 横山コーチ — niihara 10:31 PM  Comments (0)