スイング解剖No.1 アドレス前傾

初めまして

ゴルフコーチ兼ゴルフトレーナーの新原です

早速ですが

アドレスの前傾についてお話しします

 

なぜ前傾を正しく作らないといけないと思いますか?

それはスムーズに回転動作を行うためです

 

こちらは腰が丸くなり

骨盤が後傾しています

 

こちらは一見よい姿勢に見えますが

腰が反るくらい骨盤が過前傾しています

 

正しくはこちら

後傾と過前傾の間です

 

前傾とは

股関節から骨盤を少し傾けることをさします

 

なので普段から姿勢が悪いと

正しい前傾が作りにくくなります

骨盤の正しい可動域やポジションを維持するのに

効果的なトレーニングはスクワットです

 

股関節を正しく屈曲させます

股関節周りの筋肉を鍛えます

 

膝の曲げ伸ばしがメインになったり

上体が前に倒れ込まないように気をつけましょう

 

繰返しになりますがポイントは股関節から動くこと

是非やってみてください!

Filed under: スイング解剖 — niihara 10:10 PM  Comments (0)